そんなくだらない過去、さっさと捨ててしまえ。

そんなくだらない過去、さっさと捨ててしまえ。

今のあなたは、過去のあなたによって作られてきた。

これまでのあなたの生き方、行動、考え方…その1つ1つが今のあなたの現実を作り出している。

 

今が充実していない時、人の心には「後悔」という感情が生まれる。

「あの時こうしていれば、上手くいっていたはずなのに…」

「他の道を選んでいれば、もっと違った人生になっていたはず…」

そうやって、もう変えることの出来ない過去を悔やみ、いつまでもそこに留まってしまう。

 

人は誰しも、後悔の1つや2つはあるだろう。

より良い状態を目指せば目指すほど、後悔は増えていく。

なぜなら全てを諦め、完全に向上心を手放したなら、後悔をすることが無くなるからだ。

今の状態、そしてこれからの人生に何も希望も期待もしないのだから、当然何も不満は無いはず。

後悔とは、現状に対する不満・より上を目指す向上心によって、生み出される。

 

しかしいくら後悔をしたところで、現状に対する不満が消えることは無い。

それもそのはず。

後悔をしても、現実は何も変わらないからだ。

後悔しても現実は何も変わらないのに、でも人は済んだ過去のことを何度も思い出し、何度も苦い思いを味わおうとする。

まるで自己満足のように。

 

そう、後悔とは自己満足であり、単なる言い訳である。

変えることの出来ない事実、もう済んでしまった”過去”を悔やむということは、「もう手遅れだから仕方ない」という言い訳をしているのと同じ。

大切なのは、変えられない過去をいつまでも考えることではなく、変えられる”今”について考えること。

 

ボクらにとって大切なのは、もう済んでしまった過去ではなく、これからやってくる未来。

そして未来のあなたの人生を変えられるのは、今のあなた。

過去の出来事は、今のあなたに影響を与えることは出来ても、未来のあなたに影響を与えることは出来ない。

あなたの未来を変えることが出来るのは、今この瞬間のあなただけ。

 

後悔する気持ちは、ボクにもよく分かる。

でも、もう終わったこと・済んでしまったことを悔やんで過去を引きずったところで、そこに何も意味は無い。

過去を悔やんでも、未来は変えられない。

今この瞬間のあなたの思考・行動でしか、あなたの未来を変えられないんだから。

 

今という瞬間が、いつだって明日(未来)を創る

ボクらは、過去にも未来にも生きることが出来ない。

ボクらが生きられるのは、いつの時も”今この瞬間”だけ。

だからボクらはどんな時も、今この瞬間に全ての力を注ぎこまねばならない。

 

過去の栄光にしがみつくのも、過去の人生を後悔するのも全て、今を生きていない証拠。

今が光り輝いていなければ、過去の栄光もただのマヌケな武勇伝。

もし失敗したのなら、さっさと反省する。

そしてその反省を今に活かしたなら、その過去はさっさと捨ててしまえ。

今を全力で生きているなら、過去の栄光に浸る暇も、後悔によって無駄な時間を費やす余裕も、まず無いはずだ。

 

ボクらの人生は全て、”今”を中心にして動いている。

今が充実すれば、その延長線上にある未来も変わる。

いや、未来だけでなく、実は過去さえも変わる。

 

今が充実し始めれば、過去の失敗や辛かった出来事も、その全てが今の自分に辿り着くための必要な経験なんだと思うようになる。

何一つ無駄な経験など無かったんだということに、きっと気づく。

そうすると、場合によっては過去の記憶そのものさえも、まるで変わってしまうこともある。

 

 

今の自分に、何が出来るか?

今この瞬間の自分に、一体何が出来るのか?

今この瞬間を起点として、全てを考えるんだ。

過去にあったことなど、どうでもいい。

過去の栄光も後悔も、人生において何の役にも立たない。

僕らが生きられるのは、いつの時も「今この瞬間」だけ。

そして今という瞬間が、いつだって明日(未来)を創る。

 

ボクらにとっては”今”が全て。

今に集中するんだ。

今に全てを注ぎこみ、今この瞬間を全力で生きるんだ。

 

今を全力で生きれないヤツは、中途半端な生き方しか出来ない。