もういい加減”いい人”を卒業しないか?

もういい加減”いい人”を卒業しないか?

「自分らしく生きる」

「自分の望む生き方をする」

 

今のあなたは、そんな生き方が出来ているだろうか?

おそらく多くの人が、自分の望まぬ生き方をせざるを得ない状況なんじゃないかと思う。

 

この日本は、本当にたくさんの人が多くの不満やストレスを抱え、納得のいかない人生を送っている。

ではなぜボクらが、自分らしく、思うような人生を歩めないのか?

 

その一番の理由、それはあなたもお分かりだと思うが、「人の目を気にし過ぎること」。

「人から、良く思われたい」

「人から、悪く思われたくない」

いわゆる優越感や劣等感、または対人関係の摩擦を避けたいという思いから、必要以上に他人の目を気にしてしまい、みんな身動きが取れなくなってしまっている。

 

人から良く思われるには、どうすればいいか?

人から悪く思われないためには、どうすればいいか?

そのためには、相手の基準に合わせるしかない。

相手の意見・考え方・感覚といった”相手の価値観”に合わせなければ、相手からの評価を得ることは出来ない。

 

そして相手の基準に合わせようとすればするほど、生きづらくなる。

自分の気持ちや感情を押し殺して相手に合わせるわけだから、不満やストレスは当然蓄積されていく。

そして付き合う相手や場面が変われば、また新たな相手の基準が目の前に現れてくる。

するとまた、その相手の基準に合わせなければならない。

 

これを繰り返していると、自分の中にある基準がだんだんぼやけてくる。

自分の気持ち、自分の本音を無視し続けることにより、最後は自分自身を見失ってしまう。

自分はどうしたいのか、自分はどう生きたらいいのか、分からなくなってしまう。

いわゆる”人生の迷子”状態に、陥ることとなる。

 

あなたの人生は、あなたのもの。

でも他人の基準で生きるということは、すなわち他人の人生を生きているのと同じこと。

自分の基準で生きなければ、自分の人生を生きることは絶対に出来ない。

 

では自分の人生を自分の基準で生きるには、どうすればいいか?

人の目を必要以上に気にすることなく自分らしく生きるには、どうすればいいか?

そのためには、「嫌われることを恐れない勇気」が必要。

つまり、いい人を演じることをやめなければならない。

 

とは言っても誰しもいい人だと思われたい気持ちは、やっぱりある。

ボクも、あえて人から嫌われたいなんて思わない。

いい人をやめるには、勇気がいる。

 

いい人をやめるための勇気を奮い起こすためには、自信が必要だ。

自信が無いからこそ、人の目が気になる。

自信が無いからこそ、人と違うことをすると不安になる。

自信が無いからこそ、自分の基準ではなく他人の基準に合わせてしまう。

自分に対する自信がなければ、いい人はやめられない。

 

しかしここで、勘違いしてほしくないことがある。

“自信”についてだ。

自信と言うと、多くの人が「他人と比較して優越感に浸ること」を自信だと思っている。

大きな間違いだ。

そんな見せかけの自信など、いとも簡単に崩れ去る。

 

本当の自信とは、どれだけ自分のことを信じられるか。

例えどんな悲惨な状況に追い込まれようと、どんな最悪な状況になろうとも、絶対に自分を見捨てない。

どれだけ絶望的な状況であろうとも、絶対に諦めない。

どんな時も自分の可能性・未来を信じぬくことが出来る。

自分に対する揺るがぬ信頼、それが自信というもの。

 

もしあなたが本当の自信を手に入れたいのなら、「どんな時も、自分のこの心と体で生き抜く覚悟」を決めろ。

この先何があろうと、絶対に自分のことを見捨てない、何があっても自分の心と体で戦い抜く、それをここで誓うんだ。

自分の可能性に賭けることが出来ない人間は、いい人をやめることは出来ない。

 

ここで誤解してほしくないのだが、僕は決して自分勝手に生きろと言っているわけでは無い。

あなたにはあなたの価値観・ルールがあるように、相手には相手の価値観・ルールがある。

あなたがあなたの人生を生きているように、相手も相手の人生を生きている。

それを忘れてしまっては、絶対にいけない。

そこを忘れてしまっては、あなたは単なる自己中ヤローになってしまう。

 

魅力的な人というのは他人を尊重しながらも、常に自分基準で生きる。

人の価値観を認めながらも、「人と違うこと」を決して恐れない。

 

さあ、自分基準で生きる覚悟は出来たか?

共に自分の人生を歩んでいこう。