言い訳したって状況が良くならないことに、あなたももう気づいてるはずだ。

言い訳したって状況が良くならないことに、あなたももう気づいてるはずだ。

人は誰しも、悪者になりたくない。

人から悪く思われたくない。

出来れば、いい人でいたい。

あわよくば、優秀な人間だと思われたい。

 

だからこそ人は、自分の現実が理想に追いつかない時、言い訳をする。

本当の自分はもっと優秀だ、もっと良い人間だ、周りにそう思ってもらいたいがために、一生懸命言い訳をする。

そうやって、今の自分の現実を否定しようとする。

 

でもあなたももう、”いくら言い訳をしたところで現状は決して良くなることはないこと”に、気付いているはずだ。

言い訳をしたところで自分の評価も実力も決して上がらないことに、心のどこかで気づいているはず。

そこから目をそらしたままでは、一生言い訳ばかりの苦しい人生が待っているだけだ。

 

実は言い訳をすればするほど、ものごとというのは前に進まなくなる。

言い訳するほど、その場に立ち止ることとなり、人生が上手くいかなくなっていく。

なぜかというと、言い訳ばかりしていると、あなたの思考に”ある癖”が付くからだ。

 

人間には、二種類のタイプがいる。

ものごとを「やることを前提に考える人」と、「やらなくてもいい理由探しから入る人」だ。

 

言い訳ばかりしていると、逃げ癖が付く。

すると、やるべき課題や解決すべき問題が目の前に現れた時、「どうやって対処するか?」ではなく「どうやって逃げ出そうか?」と考えるようになる。

それが出来ない理由(言い訳)ばかりを考えるようになる。

最後は全てのものごとに対して、やらない理由・出来ない理由から入るようになってしまう。

人生が行き詰ってしまうのも、当然だ。

 

それに対し、いつの時代も成功者は必ず「どうすれば出来るか?」から入る。

何事においても、まずはそれをやることを前提に考える。

リスクやデメリット、実現可能かどうかはその後に考える。

そして成功者というのは、共通して”言い訳”をしない。

 

言い訳をするかしないかで、思考回路そのものが変わる。

大げさではなく、人生そのものが変わる。

 

そもそも言い訳ばかりする人を見て、あなたはカッコイイと思うか?

・自分の失敗を部下のせいにして言い訳する上司。

・上手くいかない原因を、自分の置かれた環境のせいにする人。

・思うようにいかないからといって、周りの人間に当たり散らす人。

・自分の力の無さを言い訳にし、泣き言を言って自分で何とかしようとしない人。

そんな人間を見て、カッコイイと思うか?

魅力的だと思うか?

少なくともボクは、そんな人間にはなりたくない。

 

あなたの人生から、可能な限り”言い訳”を追い出すんだ。

やるべきことがあるのなら、それを「やらなくてもいい理由探し」をするな。

「出来ない理由や原因」を、人や環境のせいにするな。

そして「出来ない理由や原因」を自分の実力の無さのせいにして、責任から逃れようとするな。

 

もうお分かりだと思うが、言い訳をやめると、何が何でもやるしかなくなる。

前に進むしかなくなる。

つまり、強制的に人生が前に進み始める。

あなたの人生が、強制的に動き始める。

 

さあ、あなたはどうする?

人生を変える覚悟は出来たか?