やりたいことが分からない?いい加減空気を読むのをやめたらどうだ?

やりたいことが分からない?いい加減空気を読むのをやめたらどうだ?

自分のやりたいことが分からない、という人がいる。

楽しいことが見つからない、夢中になれるものが何もない。

毎日に変化が無く、何となく生きている。

 

なぜ、やりたいことが見つからないのか?

それは、空気を読みすぎるからだ。

 

もしあなた自身やりたいことが見つからず、ただ何となく生きているのなら、自分のことを振り返ってみてほしい。

あなたはこれまで、周りの人間の反応を見て自分の行動を決めてこなかったか?

 

・自分がやりたいからではなく、周りが望むから、それをやる。

・やりたいことがあっても、周りが反対するだろうから、やめておく。

・迷った時は自分で考えず、その他多数の意見に従う。

・何して遊ぶか、どこのお店に行くか、全て周りの人間の決めたとおりにする。

そうやって、”周りの人間の望むキャラ”を演じることばかりしてきたのではないか?

 

人生を楽しんでいる人というのは、実はあまり空気を読もうとしていない。

しかし空気を読まなければ、周りとの衝突は必然的に増えていく。

でも人生を楽しんでいる人は、人間関係の摩擦を恐れない。

人それぞれ考えが違うのだから、意見が食い違うのはごく普通のことだと、感覚的に理解している。

そして他人と意見が食い違ったとしても、実は恐れているようなことは、ほぼ何も起こらない。

 

 

自分のやりたいことをやって人生を楽しむ。

それは自分が主体となって自分の人生を生きるということ。

自分の人生の主人公となって、自分の意思で人生を生きるということ。

あなたの人生、もしかしてあなた自身がただのエキストラになってないか?

 

自分に問いかけるんだ。

自分は何をしたい?

どんな生き方をしたい?

 

もし分からなければ、例えばあなたがこれからどんなことをしても、誰も一切批判しないとしたら、どうだ?

誰からも何とも思われないし、白い目で見られることも無い。

誰の目も気にすることなく、自分の好きなように何でも出来る。

もしそんな状況だったら、あなたは何をする?何をしたい?

 

思いついたら、それを今すぐ始めるんだ。

それが出来るかどうか、実現できるかどうかなんて関係ない。

とにかくやるんだ。

出来ない理由なんか考えるな。

 

そしてそれをやってみて、面白くなければやめてもいい。

忍耐力が無いだとか、飽き性だとか、そんなことは関係ない。

周りの目も、気にする必要は無い。

大事なのは、フットワークの軽さだ。

 

そしてもし面白いと思えば、とことんハマれ。

とことんまでやりつくせ。

 

 

ということで、あなたの人生をつまらなくさせているのは、他人の目を気にしすぎることであり、空気を読みすぎることが一番の原因だ。

もういい加減、周りの空気ばかり読むのをやめるんだ。

あなたの人生はあなたのものであり、あなたの人生における主人公は、あなた自身。

あなたはただのエキストラではなく、主人公なんだ。

あなたの人生は、いつどんな時もあなたが主体となって進めるんだ。

 

たった一度の人生なんだぞ。